全8話のOAVシリーズです。 2017年シーズンのハヤトの戦いを描いた作品です。  このシーズン、チームSUGOは2カー体制でGPXに挑みます。 ハヤトと、もう一人のドライバーはアンリ・クレイトー。若干14才の若い ドライバーです。当然、アスラーダは1台しか用意出来ませんから(マシンは 複数作れても、コンピュータのアスラーダが1基しか無い)、アンリはアス ラーダの技術をフィードバックして作られた「SUGOガーランド」を駆る 事になります。  しかし、アンリはいろいろと卑怯な手を使って、他人にはわからないように ハヤトを妨害します。なぜなのか…アンリはハヤトになにか恨みを持っている ようです。  一方、ハヤトは苦戦しているうちに「ゼロの領域」という、一種の超知覚 状態を経験します。  この状態では感覚が以上に鋭くなり、通常考えられないほど広い範囲が一度 に見えているし、周りで起きている出来事が異常にゆっくり起きているように 感じます。さらに洞察力も鋭くなり、一瞬先に起こるトラブル等を予測する 能力が高まります。  このように良いことづくめのゼロの領域ですが、ハヤトの先輩兼ライバルの ブリード加賀こと、加賀城太郎がハヤトに警告します。「ゼロの領域を使うん じゃねえ、そのうちおまえは死ぬぞ」と。  その言葉どおり、ゼロの領域を使い続けるハヤトは、極度に消耗していき ます。  ハヤトを妨害し続けるアンリ。でも、そのうちその行為も監督の菅生修の知る 所となります。ハヤトに恨みを抱く理由をようやく語るアンリ。 (これより先執筆中。続く)
Make your own free website on Tripod.com